忍者ブログ
ヘビメタをこよなく愛するバンドマン。日々のことをまったりと。

* admin *  * write *  * res *
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日目はいろいろとありました。

楽しかったし、俺のミスが浮き彫りになったこともあるし。


4日間の中で最も波乱万丈だった1日でした。

+ + + + + + + + + +
朝7時起床。
集合予定時刻は8時。
天候はけっこういいほう。雲はあるけど晴れ。
まず自分がこの時間に起きれたことに驚く(ぁ
睡眠時間3時間、さらに昨日の酒が抜け切っておらず、微二日酔い気味(´・ω・`)

まぁこのくらいなら戻しはしないだろうとタカをくくる(ぇ

極めて微妙な気持ち悪さに耐えながら準備してると、姉さんから遅れるとのメールがw
その直後に兄様がモーニングメールw

兄様とメールして、姉さんに電話。

今から出るから、30分くらいかかるんで、もう少し待っててーとのこと。

8:30ほぼきっかりにホテル前にお二方ご登場。
ってまじで車ですかいw

3人「おはよー」「おはよーございますー」
俺・noappiさん「はじめましてー」「よろしくー」

軽く挨拶を済ませて、車が出ます。

ここで、姉さんに頼んでいた品物が届きましたw
アーティスト「SaGa」のCD。
姉さんと再度連絡取り始めたあたりで、薦められたグループなんですが、かなり良質の曲で、1発で気に入ってしまって、「旅行の時に持ってきて!」とお願いしていたものなのです。
アリガト!(´▽`)

さて、車が出たのはいいけど。
この時点では、てっきりマリノアに行くものだとばかり・・・
まさかあそこまで行くことになるとは予想もしてませんでしたよ・・・w

いやはや、のっぴさんと姉さんのマシンガントークがすごいすごいw
なかなか混ざれずに呆然としておりましたとも、ええ。
乗せてもらったときに「運転アレだけど大丈夫!?」って言われましたけど、全然そんなことないなぁ。
むしろこういう豪快な運転のほうが好きですしw
んでも普段はへっちゃらでも、今日に限ってはちょっと日が悪い・・・w
酒が抜け切ってないこの身体には、微々たるものだけど、キツかったとですよ・・・^^;

「天気がいいうちに、いろいろ回っておくよ!」

話によると午後から天気が崩れるっぽいです。
にしても、俺たちはどこに向かってるんだろう・・・
都市高速に乗ってグングン進むw
マニュアルの車だったので、ちょっと珍しいなぁと思った。
女性でマニュアルに乗ってる人は初めて見たかもー。

都市高速はしってると、マリノアの大観覧車が見えたり。
この時点でおかしいと思った。
マリノアが遠目に見える。。?
ってことはマリノアに向かってるわけじゃない・・・?
どこいくんだろうw
さらに進むと、あれが博多タワー、あれが福岡タワー、そしてコレがヤフードーム、旧福岡ドームね!など名所を説明されつつ走っていく。
40分くらい走ったところでようやく目的地が判明。

唐津だそうです( ; ゚Д゚)


佐賀県だそうです( ; ゚Д゚)!!


焦ったわw

素で「唐津!?佐賀!?」と絶句w

そんなこんなでだいたい2hくらい走ったでしょうか、最初の目的地に到着。

『鏡山』
ぐねぐね曲がってる(曲がりすぎ)山道を上りきると、見晴らしのいい鏡山頂上に到着。
鏡山神社があり、軽くお参り。
ここから眺める景色が・・・

超絶景!


これは感動したなぁ~w
日中でもこれだけいい景色なら、夜景はさぞかし鳥肌モノなのだろうと叶わぬ期待を抱いてました(ぇw
この日はけっこう暑かったのですが、さすが山頂、風が心地よかった。

駐車場の裏の池に亀さんが!
最初は本物かと思ったんだけど、どうも石像っぽい・・?




さぁ次にいきましょーと早々と立ち去り、来た道を戻ります。
上るときはわからなかったけど、この山道・・・
べっこべこに盛り上がってるし!w
見下ろすとすごいよくわかる。
道理で揺れるわけだ!


鏡山を下りて、進んでいくと、見えてくるのは

『虹の松原』

日本三大松原に数えられているほどの大きな防風林。


ここの中腹あたりにある「唐津バーガー」がかなり美味しいらしいですが、かなり待たないといけないらしく、1時間2時間は普通に待つそうです。
通りかかったときには、お昼には少し時間があるというのに、車が6台くらいいました。
あの数でも1時間は待たないといけないらしいです。
ちゃんとした店舗を構えているわけではなく、バスでの販売を行っている?ようでした。

虹の松原を抜けて、しばらく走り、次の目的地

『呼子大橋(弁天遊歩道)』
呼子大橋は渡らず、目的は弁天遊歩道

呼子大橋の下を通る遊歩道。
ここから見える海はものすごい透き通っていて、今まで見てきたどの海よりも綺麗で、すごい美しい海でした。
お二方も「こんなに綺麗なのは初めて見た」というくらい。
磯に降りられるところもありました。
潮の干満は、判断できませんでしたけど、あの磯の沈み方と流れの速さから見て、ほぼ満潮に近い状態だったのかな。
水中に佇む小魚も見つけました。
姉さん「よくあんなに小さいのに気づくねぇ」
5歳から釣りに行ってたり、水辺や海にばかり遊びに行ってれば、そうなりますってw
眼は決して良くはないけども!
先端まで歩いて、ひとしきり海を眺めて、遊歩道をあとにします。
戻る途中にメジナが泳いでるのも発見w



次は来た道を戻り、ちょっと意外な場所でしたw


『唐津城』
なんでお城やねんというツッコミは受け付けません!

ここで急な石段の登場!
あとで知ったけど、城の前の広場までしか行ってないのですが、そこだけでも200段以上あるらしいです。
「おばちゃんは上るのやだよぉ~」と約1名がげんなり。

いやいや、おばちゃん言うほどじゃないだろ・・・
まだまだ若いじゃないか・・・

ちょっと訳ありで、姉さんは少々足が弱いのです。
階段などはちょっと苦手。

なんだかんだ言っても上って、広場まで到着。
ここの時点で3人様、かなりお疲れモードw

のっぴさん「城の中、見る?」
俺・姉さん「いい(ふるふる)←即答」

とりあえず休憩。
さすがにしんどいよね、あれだけ上れば・・・

城に入るのに入場料いるらしい。
なおさらいかんわww

灰皿(据え置き)あったので俺と姉さんは一服。
城の上ほどではないけれど、ここから見る景色もイイ。
正面に鏡山も見えます。
ここでも撮影。


一休みしたところで戻りましょう。
帰りはエレベーターを使って。
でもきちんとお金取られるんですね・・・
いい仕事してるわ・・・w
乗り込んで、3人驚愕( ; ゚Д゚)!!

「なんだコレ!?斜めに進んでる!?wwwww」

斜めに進むエレベーターなんて初めてだよ!

ちょっとツボって、降りまして、出口のところに大きな猫が3匹。
人に慣れているのか、俺らが話しててもなんら動じる様子はなく、ごろーんとしてました。
黒猫・白猫・灰猫の3匹。
かなり大きかったなぁ・・・

ここでちょっと閃いたので言ってみた。

「唸れ、『灰猫』」
姉さん「・・・なんだか今、懐かしい単語が聞こえたぞ?w」
この人もネタ知ってるので、反応するかどうか試してみたw


唐津城を後にして、だいたい12:30。

この頃に、ほぼ体内の酒が抜け切りました(ぇ
すこぶる快調。

そろそろ御飯ー、先ほどの唐津バーガー行ってみますかーということで再度、虹の松原に向かいます。


この時間だからかなり混んでると思うけどもー、とのっぴさん。
ヤバイんちゃうかなぁーとしきりに心配してましたが、案の定!


さっきとは段違いの車と人の数!!!

おまけにチャリ、原付まで止まってる!!??


3人驚愕&大爆笑w

のっぴさん「こりゃぁあああダメだわぁあああああああwwwwwwwwwwww」

俺も大爆笑w
あれは本当に笑うしかないわ・・・
本気で、心の底から、どんだけだよ!!!って思ったしw

比較をデジカメで撮っておけばよかったなぁ。


来る途中にあった、お土産センターに食堂があるので、そこで食べることに決定。

さらに戻って到着。

団体様が予約してたようで、1時から空くという話。
12:45くらいだったので、そのまま待つことに。

ここのお土産コーナーを見て回ってるときに、自分用ネタ物を購入。
買って姉さん方のところに戻ったら、俺の手荷物を見て

2人「ほんまに買ったんかいww」

だって面白そうだったしw

程なくアナウンスが流れて食堂に。
無事席につくことができ、注文済ませてまったり。

俺は「お刺身定食 松」を頼んだのだったかな。

テーブル違いが1度だけあったけど、3人ほぼ同時に注文が揃って、お食事たいむ。

この刺身がすごく美味!
おいしかったなぁ・・・

3人とも、朝から何も食べてないんだっけな。
動き回ったからってのもあってか、あまり話さず黙々と食べるw

食事を済ませ、マリノア行きますかーってことで、博多まで戻ることに。
ここから天候が徐々に悪くなってきました。小雨が降り始めます。

ごはん食べたことにより、姉さんが眠気を訴えます。
あれだけ歩いて、疲れてるところのごはんだし、眠くなって当たり前だよなー^^;

後ろで横になってていーよーと2人で仮眠を提案。
今まで姉さんが助手席、俺が後部座席。

席交代して、クッション抱かせて横になってもらって、うちらは初めての2人の会話の時間。博多帰還コース。

道中、いろいろ話はしてましたけど、しっかりとマトモにのっぴさんと2人で会話したのは、このときが初。
何気に、けっこう似通ってる部分があって、初対面なのだけどすんなり会話が出来ました。
もちろん、マシンガンには程遠いですけども、適度に盛り上がり、適度に間が空く。
お互い緊張してた部分はありますが、ガッチガチというほどでもなく、いい感触の緊張でした。
博多に帰り着く頃には、普通に喋れるくらいでしたねぇ。

百道で都市高速をおりてマリノアを目指しますが、めっちゃ車多い!

ちっとも動かない先は見えないでなんだこりゃぁあああああああああああと2人で文句ばっかりw

並んでた車のほぼ全部がマリノア行きで、駐車場に辿り着くまで30分以上かかった。・゚・(ノ∀`)・゚・。
それもそのはず。
マリノアシティ、14日にリニューアルオープンしたばかりで、さらにセール中、トドメに連休のど真ん中。
混んでも仕方ないわな、この条件じゃ・・・



なんとか到着マリノアシティ。

間近で見るアジア最大、ギネス認定の巨大観覧車の迫力・・・
乗りたかったですけど、雨がひどくなって、止まってしまってダメでした



適当にお店を物色(ぁ
俺のお気に入りのブランドはなかったかなぁ。

香水のお店があるらしく、ちょうど見たかったので案内してもらい、少々閲覧。

実は俺が香水に興味を持ち始めたのはつい最近。
今お気に入りの服、BERNINGS-SHOを着始めてから。
V系服や小物を揃えていくうちに、香水もいろいろ揃えたいなぁと思い始めたのがキッカケ。
もともとはワックスも香水もあまり使わない人なんですけどね。

ブランド物とか、メーカーにはあまり詳しくないけれど、いい感じの香水を1本購入。

GIVENCHY『フレッシュ オーデトワレ』

俺の好む香りは「ブルー」「マリン」系
癒されるような香りがお好み。

これもそういった系統の香りで気に入りました

ちょっとばかりゆっくり時間かけてしまったみたい。
けっこう眺めたしなぁ。

雨がすごいのなんのって!
天神に向かうべく車に戻ろうにも、雨がすごくて動くに動けずwww

いけるとこまで雨を避けて、1階に降りて突っ走ろうとしたら


もう雨小降り( ; ゚Д゚)


今のうちに!と3人ダッシュwwww

ほとんど濡れることなく無事車まで到着。
人も来たときよりはまばらになってて、そんなに混んではいませんでした。今のうちに!!w



道中、日差しが出てきたと同時に、超綺麗な虹が!前方に!
思わず激写w

フォトで見るとわかりにくいですが、この虹はまじで大きく、はっきりと出ていて、綺麗でした。

ぼちぼち会食時間、天神へ向かいます・・・





ここから先は、書くと俺がヘコむので割愛・・・(ぇ















兄様含め4人での会食。














俺の判断ミスと段取りの悪さ、悪いところが出てしまい、合流が怪しく・・・;;

なんとか合流できて、お店に到着して食事できたはいいものの、俺は猛反省しててヘコんでたし、兄様は初対面の2人と必死に会話してる。

約束してた銀細工をプレゼントしてくれて。
ほんま忙しい中で、ありがとうございました。



ほどなく解散、兄様と天神駅まで。
「あまり気にするなよ」と言ってくれましたけど・・・
気にします、悪いのは俺だし・・・(´・ω・`)

そのまま兄様は実家までお帰りに。


ほんと、迷惑ばかりかけてごめんなさい・・・








思いっきりヘコんでホテル帰還、しばらくは寝付けずにゴロゴロしながら、メール打ったりいろいろして。

0:30くらいに寝付いたのでした。






3日目に続く
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
夢神楽
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/12/29
職業:
会社員
趣味:
音楽鑑賞
最新コメント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
アクセス解析
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 黒塚に佇む義経 All Rights Reserved