忍者ブログ
ヘビメタをこよなく愛するバンドマン。日々のことをまったりと。

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3]  [4
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひさしぶりに書きますよレポ!w 
 
 
今日はすごく重くて何をするにもガッチガチ。 
 
 
さすがに2倍期間でしたね^^;;;
PR
(・∀・)人(・∀・)ババーナ! 
 
 
 
 
ということで 
 
 
来たよ!Gvレポ!w 
 
 
今回はちょっとした事情があって、急遽参戦させていただくことになりました。 
 
理由についてはあとがきにでも記載します。 
 
 
(* ^ー゚)ノコンニチハ 
 
 
随分と放置気味でしたが、やっと更新(ぁ 
 
 
PCが全く使い物にならなくなり、先週は初期化→設定し直しのエンドレスをひたすらやってました(´ヘ`;)
 
それでもダメ、ネットもできないし、DVD-Rドライブもいかれて読み込みができなくなってしまったので、新PCを購入。 
 
なんとかGvには間に合ったって感じです(´ヘ`;) 
 
 
 
<丶`∀´>カムスハムニダ 
 
 
レポにうつる前に。 
 
 
 
 
 
今日は歯医者の診察日でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。 
 
 
いよいよ患部の治療です(´;ω;`) 
 
 
表面麻酔→内部麻酔を施し、歯を削ります。 
 
 
ちゅいいい・・ぎぃいいいん・・・ぎゃりぎゃりぎゃり・・・  
 
 
麻酔を念入りに打ち込んだせいか、さして痛くもなかったですねぇ。 
 
削るのは、ね・・・ 
 
 
かなり長い時間削られました、それに伴って深いとこまで削るとたまに痛みが。・゚・(ノ∀`)・゚・。 
 
ちくっ、とか生易しい痛みじゃなく、なんつーか・・・ 
 
灼熱感とでもいいましょうか、瞬間的な痛みがきついきつい(´;ω;`) 
 
 
削るに従って徐々に医師の表情が険しく・・・ 
 
 
「難しいなこれは・・・」 
 
などと言いながら。 
 
 
途中、鏡を持たされて、自分の幹部を凝視。 
 
 
めっちゃ深いとこまで削れてる( ゚Д゚) 
 
 
医師「見てもらうとわかるように、出血が見られますよね?」 
 
私「はい、鏡で見えない部分からですよね」 
 
医師「もうね、虫歯によって、ここの歯がなくなっているんですよ、侵食されてしまって。」 
 
私「・・・」 
 
医師「したがって 
 
正確な治療は、もうできない状態になっているんです。 」 
 
 
・・・ 
 
・・・・・・・ 
 
 
やっちまったぜ俺(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ 
 
 
医師「一応、この歯を残すことはできますが、この状態の最善の処置を尽くしたとしても、将来的に、何らかの悪影響を及ぼす可能性が非常に高いです。抜くことを考えてもいいのではないかと思いますが、どうします?」 
 
 
どうします?といわれても・・・ 
 
 
自分のハラは決まってるしなぁ・・・ 
 
 
私「残してください。」 
 
医師「わかりました。では治療の続きをがんばりましょう」 
 
 
抜歯でもいいとは思いましたが、神経抜くことしか考えてなかったし、いいや(ぉ 
 
 
で、麻酔が効かない深部まで削りましたが、神経が見えたか見えないかはわからず、薬とパテをかぶせて、今日の診察は終了。 
 
 
たぶん、そんなに激痛はなかったことから、次かなぁ、抜くの(´・ω・`) 
 
 
麻酔切れたときが恐ろしいわぁ((;゚Д゚)ガクガクブルブル 
 
 
 
(ノ゚Д゚)おはよう 
 
 
今回は慌ただしいGvだった・・・ 
 
Gv直前までバンド練習、そっからダッシュで戻ってきてのGv参加でした。 
 
おかげでほとんど状況把握ができないまま流れてしまった感じががg 
 
プロフィール
HN:
夢神楽
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/12/29
職業:
会社員
趣味:
音楽鑑賞
最新コメント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
アクセス解析
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 黒塚に佇む義経 All Rights Reserved