忍者ブログ
ヘビメタをこよなく愛するバンドマン。日々のことをまったりと。

* admin *  * write *  * res *
[150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4日間続いた旅行記もこれで最後。


いい形で〆ることは出来たと思いますが、最後の最後で、満足なお礼が言えなかったのが心残りです。

+ + + + + + + + + +
18日(月曜)

天候は快晴。
前日までの3日間の悪天候が嘘のように晴れ渡り、日差しが恐ろしくキツいくらいに快晴。

この4日間、これくらい天候よかったらなぁ、と思ったけど、それはそれで姉さんがキツそうなので、これでよかったのかもしれないと思う。

朝の動きとしては前日とほぼ一緒。
11:30に博多駅集合。早めに出てお土産を物色。

やっぱりこういう旅行に出て、何に一番金を使うかって、こういったお土産ですね。 今回は特に買うアテが多く(というか自分から買い漁った節アリアリですけど)、昨日の分とあわせて、総計で23000円くらい、土産だけで使いました。
その辺りも見越して予算組んでいたので、問題はなかったのですがw


いろいろあって、姉さんは若干遅れてしまうようで、その間は本屋さんに立ち寄り、かねてより欲しかった本を購入。
読みながら時間つぶし。


12時近くに合流。
バスに乗ってキャナルシティに。


キャナルもマリノアと似たようなショッピングモール。
どっちも似たような感じだよ、という情報はありましたが、確かに大差はない感じ。
好奇心のほうがはるかに勝るので、飽きもせず見ることができました。
それでもやっぱり、俺のお気に入りのブランドショップはなかった感じ。

外の通路に出ると、なんだかキャナルの屋外広場で結婚式が!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)執り行われておりました。
ちょっと失敬して動画撮影ww

前日のカラオケで気になったCDを探しにHMVに向かうも、目当てのCDはありませんでした。
せっかく来たんだからと思い、V系CDを1枚だけ購入。


『アンティック-珈琲店- マグニャカルタ』



このあたりで、姉さんのほうにのっぴさんから電話が。
昨日のことでいろいろとお話してたみたい。
俺もちょっと話したくてかわってもらおうと思ったら一旦切れたww
でもすぐにかかってきて、昨日のこととか少しお話。

俺との会話にはなかったけど、このあと14時目安に駆けつけてくれるそうな。

本当ならのっぴさんは今日仕事だったんだけど、以前からいろいろあって、昨日のこともあったし、お休みをとったみたいです。
キツかったら休んだほうがいいですよ、無理していくことはないですとメール送ってましたし、こちらからも。


そろそろ昼食でも取ろうとして、まだこっちのラーメンを食べてないので、ここキャナルには、ラーメンスタジアムという場所があるらしく、そこで食べようと話が決まり、ラーメンスタジアムに。



有名店『初代だるま』に入り、本場のとんこつラーメンを食べましたー。

いや、なんかもう・・・すんごいおいしかったですよ、ええ。

細麺で、純粋なとんこつスープでしたけど、全然くどくないし、麺もいい味出してておいしかったぁ。

並ぶのもわかるわぁ。

替え玉してもよかったんだけど、遠慮しておきました。待たせるのもアレだし。


このあとは香水店に行きました。

専門ってわけじゃないですけど、けっこう良質の香水扱ってました。
いくつかよさそうなものを見かけましたが、昨日買ったばかりだし、今買うこともないかなぁと思って、手に取るまではしませんでした。

そのあとはアクセサリーを見に。


最初は男性的なアクセを見て回りましたが、あんまり俺の好みに合うものはなく、もう少し優しい系のデザインが好きというと、姉さん曰く
「女性的なものが好みなのねw」 女性的・・なのかなw
だったらー、と別なところに案内されて、そちらもアクセ専門みたいなお店。優しい系のデザインが多く、女性客が多数。
こっちは好みに合うものが多く、嗜好的にやっぱり女性的なものを好むようですね俺は。

ショーケースの中のペアリングなどについていろいろと話を。

あれいいよねこれ好きそうじゃない?と会話に華を咲かせます。

ペアリングと聞くと、お互いに少し苦い気持ちがあるのやも知れませんけど、少なくとも俺は気にすることなく、気持ちよく見てまわることができました。
店員さんも近寄ってきて、いろいろと話をしたり。
こうやって見てると、勘違いされそうだねーと姉さん談w

外を見ると、別なカップルが同じく結婚式を執り行っていて、ちょうどショーケース見てるところも結婚指輪て使われそうなリングを見ていたところ。

「この中のリング、結婚式で使ってそうじゃね?」

「可能性はあるねw」

値段がとんでもないものだったのでw


一通り見たところで、スターバックスにてコーヒーブレイク。

俺-キャラメルマキアート
姉-抹茶系の飲み物(名前忘れたww)

のっぴさんからの連絡で、キャナルの前にファミマがあるので、そこで待っててーとのこと。

キャラメルマキアートもけっこう甘くて、あんまりイケるクチじゃないなと思った(´・ω・`)
で、急に姉さんが顔をしかめて、何かと思ったら、甘くて飲めたものじゃないとのこと。

こっちで口直ししときーと俺のキャラメルを渡して、どんな味か興味があったので、交換してお互いにひとくち含む。

「こっちのほうがまだおいしいわ」


俺「くわぁっ!!??くぁwせdrfgt(←言葉にならない」

これは・・・顔をしかめるのもわかる・・・
甘い・・・甘すぎる・・・

俺の反応を見て姉さん大爆笑w
飲んだこっちは笑い事じゃないw

そんなやりとりの後、店を後にして、待ち合わせのファミマの前に。
ちょっと時間があって、のっぴさんと合流。

また車出してもらって、ほんとありがとうございます(´・ω・`)
頭上がりませんわ・・・


目的地は『愛宕神社』

恋愛成就の縁のあるところ。
ここで恋のおみくじってのを引きました。

結果を見て

姉さん「当たってんじゃん!」
たしかにね、当たってるよ・・・
あまりに当たってて、ちょっと思い出してブルーはいりそうだったじゃないか・・・
ここまで来てそれもアレなので表には出さずにおきましたけど。

3人とも吉系で凶系は出なかった。
まぁいいんじゃないかなw


ここから見る景色も絶景!
福岡タワー見えるし、都市高速も見える。
夜景で今度は訪れたいですねー。

のっぴさんから縁結びのお守りをもらって、ヤフードームのところに占いやってるところがあるらしく、そちらにいくことにします。




占いって、はっきり言って興味はなかったんですよ。
この日までは。



ヤフードームをちゃっかり撮影し、占いのところに案内されます。
姉さん方もここで占ってもらったことがある先生がちょうどいらっしゃって、その人に占ってもらうことに。

項目は『どんな異性が合うか』
自分の名前・生年月日・血液型を紙に書き起こす。

先生『どんな異性が好み?』
俺『優しい人ですね、それと包容力のある人』
先生『今付き合ってる人は?』
俺『いません』
先生『気になってる人は?』
俺『いません』
先生『どれくらい彼女いないの?』
俺『どれくらいって・・・』
あんまり口にしたくない質問だな・・・
先生『お仕事始めてからずっといない?』
俺『そうですね』
先生『今はどちらに住んでるの?』
俺『神奈川の横浜です』
先生『あら、そう。旅行か何か?』
俺『ええ。』


やりとりがある間、タロットを選んで、全部のカードに手が触れるまでかき混ぜて、全部に触れたと思ったら、また最初のように纏めてください、とのこと。

ぐしゃぐしゃとカードを触っている間、しきりに人の顔を見ている先生。

先生『本当に何年も彼女さんとかいないの?』

しつけーな・・・

『本当にいませんって(苦笑)』


先生『そう・・・』

なんだか納得しきれていない感じの先生。

そもそも、彼女いたら『どんな異性が合うか』なんて項目で占いを頼まないだろう・・・w
それ以前に旅行すら来てないって・・・w
来てたとしても、2人で来てるはずだ。


タロットを纏めて、方向を決めて。
最後に手を見せて。


手を見せた瞬間、『あぁ~・・・』とやけにしんみりうなずく先生。

結果




・まず、遠距離恋愛は向かない。

理由:あなた(俺)自身が飽きるか、耐えられなくなってしまうから。車で1時間2時間の距離ならいいけれど、航空機使うくらい遠いと、ちょっとマズい。

職場に異性がいても、あなた自身が『異性』として見ていない。働く1個人という感覚で接している。
よって出会いの方法は、他人から紹介されるか、何らかの形で知り合うかのどちらか。

・あなたの言うとおり、『優しい女性』が合う。
そして、あなたの考えを読み取ってくれる人が望ましい。
例:喉が渇いてない?あそこに行きたいんじゃない?など。
要は気の利く人。

・そして、出来るなら『なるべく歳の近い女性』
3つ上よりは1つ下、2つ下よりは同い年など、なるべく自分と年齢差がない女性。

『兄妹を持つ女性』がいい。
3人兄妹なら真ん中とか、2人兄妹なら上の子とか、末っ子は絶対に避けたほうがいいとのこと。





結果としてはこんなところ。

確かに、納得は出来る。
ただ、遠距離が無理と言われたのは、いささか不愉快だったりもした。
だって元彼女と4年間、秘密裏に遠距離で付き合ってたんだし、やって出来ないことはないと思った。

当たるも八卦、当たらぬも八卦が占いですけどね、なかなか面白かったよw


にしても、そんなに俺って、彼女いるように見えるか・・・?
あんだけ凝視されると。。。
彼女とは言わなくても、気になる人はいるだろ、みたいな目で見られた。。。

チャラ男に見えますかそうですかorz
全然カタい男やけん、誤解されても困るっちゃ(´・ω・`)














占いも終えて、もうぼちぼち空港にいかないとまずい時間。
航空機出発が18:30
現時刻がたしか17:30は回っていた。

帰りの車の中では、俺と姉さんの占いの結果の話でもちきり。
のっぴさんは今回はお見送りしたようです。

姉「遠距離がやめたほうがよくて、さらに年齢近くて気の利く人・・・そうそういないぞ、それはw」
俺「いるとも思っていないよ・・・w」
俺「ていうかそれ以前に、俺が人を好きになる日がくるのかはわからないけど、仮にだ、俺を好きになってくれる人がいたとしても、その人が可哀想だよ。」
姉・のっぴさん「えー?なんで?」
俺「俺がその人をしっかりと見てあげることが出来ないから。」
のっぴさん「それはどういった意味合いで?」
俺「ほら、俺の精神的な部分がね」
姉・のっぴさん「あー・・・」
俺「いくら決着をつけてきたとはいえ、俺の気持ち全部がころっと変わるわけじゃないし、先も約束されてるわけじゃない。そんなに簡単に人の気持ちが変わるなら、こんなに苦しい思いはしてないよ・・・wだから、相手のほうに失礼だし、可哀想と思う。」
姉「でもね、そこは意識しすぎなくていいと思うよ!忘れさせてくれる人っていうのは、必ず現れるから!気の持ちようってのもあるし、心配してても仕方ないと思うよ」

確かにね~。
そんなやりとりもしてました。

恋愛成就の神社にお参りして、占いもやった。
これから先どうなるかはわからないけど、これだけに気をとられちゃいけないけど、無駄にはしたくないものですね。



博多駅のコインロッカーに荷物を預けていたのでダッシュで取りに戻って、そのまま空港に。

やっぱり時間が時間で、道路がめちゃくちゃ混んでる。
これ間に合うのか!?と3人揃ってヒヤヒヤww

それでも18:00過ぎくらいに無事空港に到着。
急いで搭乗手続きを済ませて、姉さん方2人を撮影。


いずれまたあるかも知れない、約束は出来ないけど、来福を願って、福岡空港を飛び立ちました。


















自宅に帰りついたのが21:20くらい。

走ってきたわけじゃないのに、部屋に入った瞬間から、ものすごい息切れが。
何事だろうと、自分が一番テンパった(´・ω・`)

一気に緊張が解けて、疲労が襲ってきたんじゃないかー?と兄様談

もうね、ほんと







帰りたくなかったですよ・・・


帰らないと迷惑この上ないんだけど、それでも、やっぱりずっといたいと思った。

一生の思い出に残る、今までにない充実した連休。
いろいろあったけど、全てがよかったと思える旅行。

まだ見ていないところとか残っているけども、そうホイホイと行けるものでもない。
行ってもいいけど、姉さんたちに負担がかかりすぎる。
もろもろの条件をみても、やっぱり『次』は難しいと思うなぁ。
だからこそ、今回の旅行をじっくり楽しんできたわけです。w












本当に、いろいろあったけど



姉さん・のっぴさん・兄様

楽しい4日間をありがとうございました

これから冬に向かって涼しくなっていきますので、御身体にお気をつけてお過ごしください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
夢神楽
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/12/29
職業:
会社員
趣味:
音楽鑑賞
最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
アクセス解析
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 黒塚に佇む義経 All Rights Reserved