忍者ブログ
ヘビメタをこよなく愛するバンドマン。日々のことをまったりと。

* admin *  * write *  * res *
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだか最近ついてねぇな・・・w 
 
 
笑い事じゃないんだけども
 
 
 
笑いたくなる・・・ 
 

 
 
今日は帰りの電車で、ちょっとの間ですが閉じ込められました。 
 
 
 
 
先の踏み切りで、車が何らかの原因で立ち往生したらしく、緊急停止されました。 
 
 
そんなに長い時間とまってたわけじゃありませんが、いい迷惑ですた。 
 
 

+ + + + + + + + + +
新たに加入交渉したバンドさんから正式に連絡がありました。 
 
 
結果は・・・ 
 
 
 
 
 

















ボツ 
 
 
 
 
 
 

















なんか3人で意見が分かれたらしく、全員が納得できるドラムさんを探すってことを言われました。 
 
 
 
まぁ彼らの判断ならしょうがない。 
追求はせずに了承しました。 
 
 
 
残念とは思いますが、悔しいとは思いません。 
 
 
自分でも加入と決裂の可能性は半分半分と思っていましたし、さほどの落胆はありません。 
 
 












ただ・・・




疑問というか、納得しきれない部分はあります。
 
 
前回の面接のときに、スタジオに入ろうかって話まで進んでたんですね。 
 
それが、俺を含めてなのか、彼ら3人で、なのかは今となってはわかりませんが、当時は俺もその日までは返答は保留かなって思ってました。 
 
スタジオで、俺の力量を測ってもらって、決めてくれるものと・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
愚痴でも文句つけるというわけでもありません。 
 
ただ、対応の曖昧さに納得がいきません。 
 
 
 
 
スタジオはいるって言ってたんだから、人の演奏力がどれほどなのか、どれだけ通じるか、見て判断するべきじゃないんですか? 
 
けっこうね、話が(方向性とか嗜好の違いとか)どうもなぁ。。。っていう感じで決められるのって、腑に落ちないんですよ? 
 
 
どうせ断るなら、断られるなら、一度セッションなり合奏なりしてから、断って欲しかったです。 
 
彼らが初心者だと言ってた意味が、昨日やっとわかった気がしますね。 
 
 
 
 

 
演奏力がどうこうの前に、そういう音楽やる上での筋を通すべき部分を把握していない。 
すべてはバンド活動の経験不足。 
 
いえ、バンド以前の問題ですね。生半可な心構えでバンドやろうなんざ甘いにも程がある。 
 
 
  
 
・・・ちょっと音楽に関することになるとキツくなるので気分を害したらすみませんが・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







結局は、あちらにはあちらの考え・方向性。 
俺には俺の考え・方向性。 
 
 
それらがみんなと合致しなかっただけの話です。 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
でもまぁ、早めに言ってくれて助かった面もありますが。 
 
 
普段聴かない曲を、貴重な時間裂いてまで聞き込む必要がなくなりましたし。 
 
 
 
 
 
 
 
ゆったり行きますw 
↑これ結論
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
夢神楽
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/12/29
職業:
会社員
趣味:
音楽鑑賞
最新コメント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
アクセス解析
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 黒塚に佇む義経 All Rights Reserved