忍者ブログ
ヘビメタをこよなく愛するバンドマン。日々のことをまったりと。

* admin *  * write *  * res *
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(ノ゚Д゚)おはよう 
 
 
夜想曲でたぶん初めてであろう、ぷちGハンを行いました。 
 
 
場所はジュピ1F。 
 
 
LKさんが加入してくれて、廃プリさんもいて、私のローグ含め、みんなLv帯が公平圏内だったこともあり、いっちょ行くかってことで提案したところ、みなさん乗ってくれましたw 
 
WIZのいない編成でしたけどw  
 

 

+ + + + + + + + + +
私とLKさんは初ジュピってことで初めは様子見段階。 
 
被ダメ確認やHIT率、ダメ数値などを見ながらやってました。 
 
 
 
 
 
沸きが恐ろしいという話は常々聴かされていますが、噂に違わぬものでした。 
 
 
倒しても倒してもひっきりなしに沸くヴェナート様。 
 
 
面白いからいいけどw 
 
 
なんて余裕ぶっこいてやってたら、むっさごっついモンハウが出来てて殺された(´・ω・`) 
 
回避バカなりに無形盾とイミュンつけて、それなりの硬さではあったと思いますが、そもそものMOBのATKがきついため、結局は殺されてしまいました。 
 
 
まぁLv低いし、すぐ取り返せるからいいけどw 
 
 
 
 
 
三段盗作で闘ってましたが、ここに限ってはBBのほうが断然使えるなぁと思いましたね。 
 
だからといって無駄撃ちすれば一気にタゲ寄り付いて即死がオチですけども・・・w 
 
 
 
 
この時は廃プリさん先導でトレインして、LKさんのBDSで処理、こぼれたMOBは私が叩くといった感じでの狩り方。 
 
 
途中、グリムアサさんが死んでたのを廃プリさんが見たようでw 
 
 
1度、回復財補給で戻って、再度ジュピ狩りに来ましたが、ちょうど時期を同じくして、月さんの方々もジュピにいらっしゃいましたw 
 
 
今度はある程度勝手がわかったので、個々の動きがよくなってました。 
 
sp回復財も先ほどより多めに積み込み、いい感じで狩りが進みます。 
 
 
それでもやはりごっついモンハウに遭遇。 
 
必死必死で殴りますが耐えきれず死亡w 
 
がしかし、ここが問題!!
 
 
間違ってセーブポイント(ファロス燈台)に戻ってしまった!!! 
 
 
もう焦って戻りましたよ 
 
廃ダッシュですよ 
 
 
さほど時間を置かずに合流することが出来て、事なきを得ましたが・・・ 
 
 
 
 
 
橋の上でサンク防衛 
 
 
 
そろそろ帰ろうーといったところで、沸きが止まらない止まらない(´ヘ`;) 
 
 
むしろさっきよりきつくなってる!? 
 
 
ようやっと落ち着き、戻ることができました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジュピは鋼鉄の産出がかなり良質とのお話も聞いてましたが、確かにそのとおりでした。 
 
1人頭30個前半くらいは鋼鉄を分けられたと思います。 
 
 
普通に100個↑出てる計算w 
 
 
以前までは興味ねー とか言ってた場所ですけれども、かなり楽しく狩りができて、お気に入りになりそうですw 
 
 
BGMがタナ上層部と同じなところも( ・∀・)イイ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
夢神楽
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/12/29
職業:
会社員
趣味:
音楽鑑賞
最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
アクセス解析
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 黒塚に佇む義経 All Rights Reserved